~繋いで創る、新しい世界~

*理念*
「自分たちにはまだ知らないことがある」をいう姿勢で学び続け、
最上思考で点と点を繋ぎ、社会に価値を提供する。

代表渡邊優について
100人女子会運営メンバー

「名古屋100人女子会」および「東京100人女子会」はConnect.が主催しています。

Connect.は、点と点を繋げることで人々に幸せとワクワクを感じさせる新しい価値を創っていきます。

では、人が幸せやワクワクを感じる時はどんな時でしょう?

それは何かと繋がった時です。

人と人
人ともの
人と言葉
人と情報
人とアイデア
人と自然


私たちは、人と何かを繋げることで、人々に幸せとワクワクを届けます。

屋号の由来
事業内容

 

渡邊優について


Connect.代表

名古屋を拠点に「女性が自分で自分の人生をデザインできる世界を創る」ことを目標に活動中。

2017年10月 英会話教室FC店オープン。

2017年11月 名古屋100人女子会発足。

2018年5月1日 Connect.として独立。

2018年11月 東京100人女子会発足。

2020年2月 女性コミュニティープラットフォーム「me+.(ミープラス)」発足。

現在:上記に加え、名古屋100人女子会を初回から5回連続100人動員記録達成中の要となる「SNSマーケティング」「女性マーケティング」のサポート中。

23歳、新卒で大手IT起業に総合職で入社し、人に恵まれ楽しく働いていた。1年目も2年目も部門内の繋がりが弱いという上司の一言をきっかけに懇親会を主催。先輩後輩上司本部長まで巻き込み、部門で一番大きい会を立ち上げる。(その後海外から帰国した後も、もう社員ではないながらも総幹事を務め再び懇親会を主催。)

しかし、「たった一度の人生、自分が本当にやりたいことは何だろう?」と真剣に考えたことをきっかけに、2年で会社を辞め、夢のひとつだった英語圏(オーストラリア)へ留学。海外では多くのことを学んだが、特に外から日本を見て、「まだまだ男女格差があること」「教育が古いこと」を感じ、「もっと女性の可能性を解放するために女性の応援がしたい!」と思ったことをきっかけに、何の実績もコネもない状態から
人とのご縁で人生は豊かになるので、そのきっかけの出会いの場をつくること
自分とは違う働き方=生き方をしている人との交流により自分の視野と思考の枠を広げること
の2つを目的にしたきっかけ作りの一環として、2017年11月女性限定異業種交流会「名古屋100人女子会」を立ち上げる。

同時期に好きなことを仕事にするため英会話教室をFC経営開始。

名古屋100人女子会は初回からチケット完売、第2回からは独自で研究したSNS集客法で毎回100名動員する女性限定異業種交流会を創り、累計16社から協賛を得る。

2018年5月1日英会話教室独立。屋号をConnect.として活動開始。

2018年11月には「東京100人女子会」主催。

2019年6月からは、様々な人の「働き方=生き方」を日本中の人が簡単に知れる場をつくるべくYouTube対談番組「優のトークルーム」配信スタート。(後のコミュニティーのコンテンツにもなる。)

自身の経験を活かし、年間約300名の女性の相談に乗る。

女性が自分で自分の人生をデザインできる世界を創る」を目標に活動中。

2020年2月2日、目標達成に近づくために
女性が自分で自分の理想の働き方=生き方を創る力(7つの人間力)を鍛える
数を持って女性の可能性を活かせる社会を創る
次世代に明るい未来を繋ぐための教養を学ぶ
の3つを軸とする、女性のための教育コミュニティープラットフォーム「me+.(ミープラス)」始動。

※「教育コミュニティープラットフォーム」はイメージしやすいように言うと、コミュニティーとしての「オンラインサロン」と、オンライン上で学べる「オンラインスクール」と、マッチングの場である「プラットフォーム」が合わさったもの。

 

どんな時代になっても自分で自分の人生を創るために必要な人間力と、人間を自由にする学問である教養(お金の勉強、政治の勉強、自分を知る勉強、心理学、脳科学等)を身につけることで自分の可能性を開花させ、自分の可能性を活かせる社会をつくっていく。そんなコミュニティーを創りました。

女性が自分で自分の人生をデザインできる世界」を一緒に創っていきたいといってくださる方々、応援してくださる方々とのご縁に日々感謝しております。

日本中の女性の心に火をつける「着火ウーマン」として、今後も駆け抜けてまいります。

2020.02.02  渡邊優

100人女子会とは?
100人女子会を創った理由

★運営メンバー★
【名古屋】

香取瑞貴


黒田千晶(ちゃーりー)


寺本奈美江


平川綾香


船木和歌

 

【東京】


岸恵理子

高橋みか


松落亜里沙