あなたの人生は30,000日

私はいろんな人の話を聞くのが好きです。

特に何かに挑戦して、事を成した人の。

そこにはストーリーがあり、生きていく上で本質的に大切なことが含まれていることが多いから。

 

彼ら、彼女らは、ありがたいことにそれをシェアしてくれます。

もっと多くの人の人生がより良くなるために。

突き抜けた人はあるところまでいくと「所有」に興味がなくなるのではと思うことがあります。

実際、そういう人たちは「死ぬときにあっちの世界に持っていけないものに固執しても仕方ない」という方が多数います。

 

そういう方々が発する言葉に、メッセージに、どれだけ触れるかだけでも人生の質は変わります。

自分が行動すればですが。

 

有名なスピーチとしてはスティーブジョブズがスタンフォード大学の卒業式でしたスピーチですが、これはあまりに多くの人が聞いていると思うので今日はもうひとつ私が好きなスピーチをご紹介します。

Dropboxの創業者 Drew Houston(ドリュー・ヒューストン)がマサチューセッツ工科大の卒業式で行ったスピーチです。

 

私はこの中で特に印象に残っているのは“あなたの人生は30,000日”という話です。
(※動画は一番下にあります。)

私はこの話を聞いた時、すぐ計算しました。

365日×28年=10,220日

私の場合、今年(2018年)の4月で28になったので、約1/3が過ぎたということです。

これを読んでいる方は今すぐ電卓、、、もといiPhoneを叩いてみてください。

 

現在は寿命は延びていても健康寿命は延びていないし、60~80の20年間は体力的に今ほどなんでもできるとは想定しにくいです。

これを知って、あなたはどう思いますか?

日本人は「あなたはどう思いますか?」という質問が苦手です。

でも、自分について知ることって、何よりも大切ではないでしょうか?

 

もう一つ、Drewのスピーチで好きな言葉は“Excelsior(常に向上心を持って)”という言葉です。

人間は本来今よりも少し良い状態を目指す生き物です。

こういう話をすると、「今あるものに満足する」とかいう話をする人がいますが、それはそれでいいと思いますが、私はそっち派ではありません。

これはどっちが良い・悪いの話ではなく、自分がどうしたいかの話です。

 

私の生きる目標は、一生楽しく生きることです。

仕事はそのための手段として最高だと思っています。

いろんな人に出会える。

いろんな人の役に立てる。

人間力が高まり、思考の枠が広がれば、やりたいことがもっとサクッとやれるようになる。

もっと楽しくなる。

周りの人にそれを伝えられる。

教えてと言われたら教えられる。

わくわくする人がまた増える。

好循環でしかないと思っています。

 

みなさんも是非、自分が今人生何日目なのか計算し、残りの人生をどう過ごしていきたいのか、どういったものにしていきたいのか、見つめ直してみてください。

わくわくしましょう♪

こちらの記事を読んだ人は他にこんな記事を読んでいます。