不登校でよかった。

こんにちは!

優です!

100人女子会を主催して100人の前で登壇したり、1年で東京にも進出した私ですが、実は小学校1年生~3年生くらいまで不登校でした。

「意外」とよく言われます。

一般に「不登校」というと、なんかネガティブなイメージが強いように思われます。

この理由を私なりに考えてみると、イメージですが、不登校になる人の多くが「いじめ」が原因だからネガティブなイメージを持つのでは、と思っていました。

気になったので文部科学省のデータを調べてみました。

文部科学省が平成26年に発表したデータがネットに上がっていました。

平成18年度に不登校であった生徒の5年後の状況等の追跡調査を平成23年度に行いまとめたデータでした。

そこにあった不登校の主な理由は、

無気力でなんとなく学校へ行かなかったため:43.6%

・身体の調子が悪いと感じたり、ぼんやりとした不安があったため:42.9%

いやがらせやいじめをする生徒の存在や友人との人間関係のため:40.6%

・朝起きられないなど、生活リズムが乱れていたため:33.5%

・勉強についていけなかったため:26.9%

・学校に行かないことを悪く思わないため:25.1%

いじめやいやがらせが主な原因なのは第3位でした。

第1位が「なんとなく無気力」というのも少し驚いたというより、悲しかったです。

不登校当時中学校3年生だった人たちへの調査なので、15歳で「なんとなく無気力」という心境になってしまうことが悲しいです。

これから先なんだってできる年頃なのに。。。

 

さて、ここから私の話に戻らせて頂きます。

私の不登校のきっかけは、「理解できないことからくる拒否感」とか「違和感」とか「恐怖感」でした。

私には2個上の兄と6個上の姉がいます。

私が小学生1年生になった初登校の日、私は「学校に行く理由」がわからないままなんとなくお兄ちゃんについて行き、分団の集合場所へ行き、学校へ向かいました。

その時は分団で登校=家の近い子たちとまとまって学校へ行くことなので、保育園で仲の良かった友達が何人かいたので楽しく学校へ行きました。

ですが、学校の敷地内に入った瞬間、何百人もの子供たちが一斉に正面玄関めがけて歩いている光景が私には怖かったのを今でも覚えています。

頭の中が「何これ?」状態でした。

そこからどこに行ったらいいのかもわからなくて、なんとか保育園時代の友達に教室の外に張り出されている紙の中から自分の名前のある教室に入ることがわかりました。

既に席も決められていて、みんなで先生の方を見て先生の言うことを聞く。

保育園では会ったことのない人がたくさんいる。

その空気感や光景全てが当時の私には違和感、恐怖感、理解できないことからくる拒否感で、次第に学校へ行くことをやめてしまいました。

 

私の両親は共に高校教師でした。

でも、世間一般的に持つ教師のイメージとは違う教師だったと思います。

世間一般の「普通」とか「正論」を押し付けることをしなかったからです。

なので一度も「学校へ行きなさい」と言われたことはなく、「優が行きたくなったら行けばいい」と言われていました。

「なんで学校へ行かないの?」「学校行かなきゃダメだよ」という他の人たちからの言葉から守ってくれていたと大人になってからわかりました。

当時の私の生活リズムは朝起きて家族で朝ご飯を食べて、その後学校の教科書を読んだりドリルをやったり。

おじいちゃんおばあちゃんに遊んでもらったり。

保育園時代の友達が学校から帰ってくる時間を親に教えてもらって、その時間になったら友達の家に電話をかけて「あそぼー!」と言って遊びに行っていました。

今も自由人と言われますが、私は小さい頃から自由人でした(笑)

 

3年間くらい学校に行かないとさすがに飽きてきたことや、確か3年生の時のクラスメートが寄せ書きを書いてくれたこともあり、「行ってみよー」と思い行くようになりました。

3年間の間に保健室登校をしたことも覚えています。

その時の保健室の先生のことは今でも心に残っています。

その人も、正論をかざすことなく見守ることのできるタイプの人でした。

 

家族や周りの人に恵まれていたので、小さい頃から「不登校が悪いこと」とは思っていませんでした。

実は私の6つ上のお姉ちゃんも不登校時代があり、その時の両親も無理に行かせようとせず、本人の意思を尊重していて、結果?お姉ちゃんは16歳でたった一人でピースボートに乗り世界一周しました。

フタをしないこと

世間一般の普通を押し付けないこと

可能性を信じて見守ること

簡単ではないけれど、子供は勝手に成長するんだなとまだ自分の子供はいませんが、子供目線で思います。

そして、大人になってからはむしろ「私、不登校でよかった」と思います。

私が中学生の頃から言われるようになったのが

・芯がある

・自分の意見をしっかり言える

です。

中学生から「芯がある」と言われるのは珍しいと思うのですが、これは両親の人格の影響が一番、二番は中学1年生の時にお兄ちゃんに貸してもらった洋楽のアルバムをきっかけに海外のテレビ番組を見るようになり、外国人のコミュニケーション(言葉の内容や表現力等)に触れていたことに影響があります。

私は日本の教育は洗脳の要素があると思っています。

国や会社にとって都合の良い、扱いやすい思考の人間を育てるための要素が。

私は不登校だったことで「みんなと同じことが正しい」とか世間一般の「普通」とかから離れている時間が他の人より多かったです。

それが自我を確立するのに役立ったと思います。

不登校だったことが今の私の人格に影響を与えていることは間違いないでしょう。

世間一般の「普通」を押し付けると、世間一般の平均的な人間になると思っています。

こういう話をすると「普通って何?」「そもそもみんな違うから普通というものがないのでは?」と思う方もいるかと思います。

もちろん私もそういう意味でも「普通」ってそもそもよくわからないし、「普通」という言葉は定義するのがかなり難しい言葉だと思っています。

これは今回のメインテーマではないので、ここでの「普通」は「多くの人が平均的に持っている共通認識」くらいで捉えて頂ければと思います。

 

私は今、男女格差をなくすための活動をしていますが、日本の教育を変えることも目標のひとつです。

明らかに時代に合っていないのと、人間の可能性にフタをする教育だと思っているからです。

ひとくちに「教育」と言ってもやり方はいろいろ。

おもしろいことを考えるのが好きなので、みなさんの期待を超える新しい教育のカタチを発信できるよう、思考を重ねたいと思います(^^)♪

 

今日もハッピー♪今日もワクワク♪

 

初インスタライブ!渡邊優のトークルーム!

こんにちは!

優です!

昨日(26日)は記念すべきインスタライブ第1回目でした!!

第1回から100人女子会運営メンバーをやってくれている心美人アドバイザーのちゃーりーがゲストでした♪

初めてで、しかも生放送なので修正が効かない中、楽しくできました♪

始めのうちは自己満度が高いかもしれませんが、私は「完璧さよりスピード」派なのでやりながらブラッシュアップしていきます!

 

動画の冒頭で「なぜインスタライブを始めることにしたのか」についてお話ししていますが、ここでも。

そもそも100人女子会の目的のひとつが「自分とは違う働き方=生き方をしている女性との交流によって、自分の視野と思考の枠を広げること」です。

私の目標は「男女格差をなくし、女性が自分で自分の人生をデザインできる世界を創ること」です。

はじめの一歩として100人女子会を創りましたが、私自身が足を運び100人女子会を全国展開するには時間がかかりすぎます。

せっかく便利なインターネットで日本中の女性へ発信できるなら、使わない手はないと思いインスタライブに挑戦しました。

しばらくは様々な職業の女性をゲストに招き、「女性の働き方=生き方」というカテゴリーで各々にテーマに沿って話して頂きます。

自分とは違う働き方をしている女性の話から視野と思考の枠を広げてもらうために配信します。

同業者の話からもヒントを得られることもあるはず。

また、就職前の学生さんや転職を考えている女性のヒントにもなれば嬉しいなと思います。

 

回を重ねて番組化しようと思っているのですが、番組名を第1回が終わってから変えました(笑)

始めは「Talk with Yu」にしていました。

この番組では主に女性と対談していきますが、男性のゲストも呼ぼうと思っています。

私は動画配信で少しでも情報格差がなくなればいいなとも考えています。

なので、「教育」や「宗教」「政治」等のテーマも扱っていきたいと思います。

なので、番組名に「女性の働き方」のような言葉を入れると絞られすぎてしまい、窮屈でイヤだったのでやめて、検索しやすいように日本語で「渡邊優のトークルーム」としました!

「トークルーム」にした理由は、毎回ゲストをオフィスに呼んで対談=トークショーをするから。

また、ラインのトークルームを気楽に開くように、私とゲストのトークルームを気楽に見てほしい、聞いてほしいという意味も込められています(^^)

もっともっとしっくりくる名前が思い浮かんだら変えるかもしれませんが(笑)

 

ゲストのちゃーりーは出会って1年半と少し経ちますが、確実に成長している人です。

かつ心のキレイさは本物なので、「心美人アドバイザー」の肩書がとてもしっくりくる女性。

どこまでのレベルでやるのかには個人差がありますが、個人の自由なので、自分が目指したいところを目指せばいいと思っています。

そのためには日頃の積み重ね、小さなことをコツコツやって、小さな心がけを毎日続ける必要があります。

ちゃーりーのすごいところは、そこを継続してできるところ。

口ばっか素直な人はごまんといるけど、行動が素直な人って少ないです。

でも、ちゃーりーはその少ない行動が素直な人です。

だから第4回名古屋100人女子会でMCの大役を任せてみたり、今回のインスタライブの第1回目として選んでみたり。

私は行動する人を応援します。

YouTubeに動画をアップしたので是非、ご覧ください\(^o^)/

 

屋号の由来

私の屋号は「Connect.」、読み方は「コネクト」です。

こだわっているのは最後の「.」。

そもそもなぜ

connect:繋ぐ

なのかから。

 

屋号を考えるにあたり、私は「たった1つの事業をずっとやる」というカタチでなく、「いろんな事業をやりたいという」想いがありました。

 

私がやりたいことを抽象的に言うと「女性の活躍支援」。

(その先に日本の教育を変えるという目標もありますが、ここでは女性の活躍支援に着目して話を進めます)

やり方はいろいろ。

例えばエステサロンを経営して女性を雇用することだって「女性の活躍支援」。

人材紹介会社を作って女性を正社員雇用してくれる企業と働きたい女性を繋げることも「女性の活躍支援」。

いきなり全部はやれませんが、徐々に支援のカタチと幅を増やしていきたい。

そう思っているので、その想いも含めた屋号にしたいと考えました。

 

なので、抽象度を上げて考えていきました。

「私がやりたいことは?」

と問い続けて出た答えが

「人々に幸せとワクワクを提供すること」

でした。

今は女性に特化していますが、最終的には女性だけでなく性別関係なく「人々に幸せとワクワクを提供すること」がしたいと思っています。

 

20歳でスペイン留学、25歳でオーストラリア留学を経て、日本人は大人になればなるほど自分の気持ちにフタをして、我慢をして、人生にワクワクしている人があまりにも少ないと感じました。

朝の通勤電車なんか顕著で、イキイキした顔をしている人が基本的にいませんでした。

「もういい歳だし」

私自身がこの言葉が理解できないタイプの人間なのもあります。

両親共に定年退職してから世界一周してしまうくらいタフでイキイキしている大人を身近で見てきたからかもしれません。

親の影響はでかいと思います。

両親共に心身ともにタフなので、両親、姉、兄はみんな世界一周しています。

私はまだ8ヵ国なので追いつけるよう今後飛び回りたいと思います。

何も特別なことがない日でも、みんなデフォルトで幸福感のある顔をしています。

小さい頃はこれが普通と思っていましたが、大人になるにつれて違うということに気がつきました。

そして海外生活を経て、日本人がもっと幸せとワクワクを感じられるようなことがしたい!と思うようになりました。

 

次に考えたのが「では、どういう時に人は幸せとワクワクを感じるのか?」という点。

いろんな例を書き出していき、共通点を抽象化した時に出てきた答えが

「何かと繋がった時」

でした。

人と人。

人ともの。

人とサービス。

人と場所。

人と情報。

人とストーリー。

人とアイデア。

etc.

これを更に抽象化させて、「点と点が繋がった時」に行きつきました。

だから「Connect.」

最後の「.」はその「点」なのです。

 

まずは自分自身が女性であり、世界に出て外から日本を見た時に感じた女性の肩身の狭さ=男女格差をなくすこと、そのために受け身で待つのではなく女性自身が自分で考えて動けるようになるきっかけを作る活動をしていくと決めました。

2017年11月に「名古屋100人女子会」発足、2018年11月に「東京100人女子会」発足。

女性×女性(起業家、プレ起業家、経営者、学生、専業主婦等、様々な女性同士の交流)、

女性×情報(プチセミナー)、

女性×もの(抽選会)、

いろんなカタチで点を繋いでいます。

 

まだまだやりたいことの「はじめの一歩」を踏み出したくらいです。

=これからやることの方がもっともっとおもしろいということ。

 

今後もConnect.の動向・成長過程を楽しく見守って、時には参加して共創して頂けると幸いです。

 

今日もハッピー、今日もワクワク♪

 

紹介される人・されない人

こんにちは!

優です!

私は紹介からの繋がりが一番好きです。

信頼できる方を繋げて頂けるから。

(かと言って、そこからのご縁でもし悪いことが発生しても自己責任と思わないといけないです。)

経験上、自分で営業してくる方は「自分目線」が強すぎてちょっと合わないな、と思う方が多いのもあります。

 

紹介って簡単にできるものではないと思います。

紹介する人:Aさん
紹介先の人:Bさん
紹介される人:Cさん
とします。

AさんにとってCさんは大切な人。

Bさんへの信頼がなければ繋ごうと思いません。

「こういう人と出会いたい!」と思った時に紹介してもらえるかどうかはBさんの人間力次第。

そして自分のイメージ、信頼は日々の細かい習慣から作られます。

超地味です。

でも超大切です。

難しいのは、人間は100回良いことをしても1回でも印象の悪いことをすると悪い方の印象が勝ってしまうこと。

そういう心理の生き物だと意識して日頃の言動に気をつけるかつけないかで後々雲泥の差ができます。

 

私が思う紹介される人は
・人柄がいい
・目標がある
・柔軟性がある
・口だけでなく行動している
・スピード感がある
・仕事に下手な感情を持ち込まずムラがない

紹介されない人は
・目標がない
・責任感がない
・頭が堅い
・言葉と行動が一致していない
・レスが遅い
・感情で仕事にムラが出る
です。

 

自分で「どういう人が紹介されて、どういう人が紹介されないか」を考えて、良い方はマネて悪い方は反面教師にするだけでも自分の行動が変わってきます。

紹介が出なくて悩んでいる人は「今の自分」で紹介が出ていないんだから、自分に固執せずにできている人をマネすることをおすすめします。

資格的な「スキル」にばかり目がいっていると、大切な部分を見落としてしまいます。

人間の脳は何千万年も前からさほど進化していないそうです。

どういうことをすると人は喜んで、どういうことをすると嫌がられるのか、も変わっていないということですね。

どんな時代でも通用する人間力を鍛えましょう♪

 

疾風に勁草を知る

こんにちは!

優です!

今日は「まさに!!」と思ったことわざのご紹介です。

疾風に勁草を知る

(しっぷうにけいそうをしる)

: 困難にあった時、はじめてその人の真価がわかるというたとえ。「疾風」は速く吹く風、「勁草」は強い草の意。速く激しい風が吹いて、はじめて強い草が見分けられるという意から。

困難にあった時、一人称(自分のこと)だけ考えるのか、二人称(相手のこと)まで考えるのか、三人称(その事柄が影響してくる人たちのこと)まで考えるのか。

人称が上がる=視座が上がる。

(俯瞰視点)

シンプルに言えば、困難な時どれだけ関わる人の立場を想像して思いやりを持てるか、だと思います。

困難にあった時、一時の感情で相手に思いやりのない言動をする人が多い。

自分のメンタルを守ることも大事だけど、私はメンタルを鍛えることも大事だと思う。

自分は守ったつもりでも、相手や関係者を傷つけていないか。

シンプルだけど難しく、

難しいから面白い。