世界一時間持ちの日本人女性

女性の持つパワーって壮大。
日本人女性はそれを自覚していない人が多すぎます。

WHO(世界保健機関)の2016年の統計によると、世界平均寿命の第1位は日本。
内訳は
男性:81.2歳
女性:87.1歳

世界の中で一番長く生きるのが日本人女性です。

これって、世界で一番多く時間をもらっているのが日本人女性と言えますね。

日本人女性のみなさん、あなたはその世界一長い時間を使って、何をしたいですか?

「家族と幸せに暮らしたい」
「世界一周してみたい」
「自分でビジネスをしてみたい」
いろいろあると思います。

たった一度の人生、せっかく世界で一番時間を与えてもらっています。
やりたいことをやりましょう。
世界で一番時間を与えてもらっていても、時間はあっという間に過ぎてしまいます。
「私なんかが、、、」
そんなこと言っている暇はないです。

人間は常に「今よりも少し良い状態」を目指す生き物です。
でも、何かにチャレンジするのが怖い(チャレンジでなく失敗が怖い)人が多いですね。
これはその人のせいではなく、自然なこと。
人間の脳は「現状維持」を好みます。
難しい言葉で言うと「ホメオスタシス」という脳の恒常性維持機能がいつもと違うことをすると働きます。
何かいつもと違うことをすると、脳が「いつもと違うぞ。戻さなきゃ。」と信号を送るのです。
この話は心理学を勉強したことのある方は「聞いたことある」とうなずいていることでしょう。

ここで言いたいのは、「知っている」と「知らない」の差です。
上記の話も、人間の脳がそういう働きをすると「知っている」人は、何かにチャレンジして不安になることを「これは自然な人間の反応」と捉えることができます。
でも、「知らない」人は、「不安だからもうやめたい」と思ってしまうでしょう。
そして「自分はチャレンジしてもすぐやめてしまうダメな人間」と思ってしまう人も少なくないです。

日本があえてこういうことを学校教育で教えないのは、国や会社のイエスマンを創りたいからとまで言われていますね。
情報って、かなり大事です。
狭い世界で生きていると、どんどん情報が入ってこなくなります。
また、偏った情報ばかり入ってきます。

今は「先生の言うことが絶対正しい」とか「上司の言うことが絶対正しい」というのが成り立たなくなってきた時代にようやくなりました。
私は変わり者だったので、とある出来事をきっかけに小5の時に「先生もただの一人の人間なんだな。先生が言っていることが正しいとは限らないんだな。」と悟りました。
私が先生だったらこんな小学生イヤだったと思います(笑)

さて、話を戻します。
世界一時間持ちの日本人女性。
日本人女性は特に気配りがずば抜けています。
相手を察する力も。
でも、察しすぎ、「空気の読みすぎ」は自分が言いたいことを言えなくなったり、やりたいことができないことに繋がります。

自分で選択しなければ、一生他人の言いなりの人生を送ることになる」という言葉があります。
その通りだと思います。

何事も二面性があり、一概にどちらが正しいと「断言」はできなくても、「自分はどう思うのか」「自分はどうしたいのか」をはっきりするのは大切なことです。

誰に気を遣って生きてるの?

誰の目を気にしてるの?

この言葉にハッとしたら、「自分」と向き合ってみてください。

日本人は特に“批判して自己表現をする”傾向の人が多いです。

そんな人たちの言葉に左右されてたらたった一度の人生もったいないです。

人は人。

自分は自分。

そう思って自己表現してみてください。

下手こいたって別に殺されるわけでも死ぬわけでもないです。

小さな自分のプライドを守るのか、後悔のないように生きるのか

ダサい時期があったっていいじゃん♪

 

あなたの人生は30,000日

私はいろんな人の話を聞くのが好きです。

特に何かに挑戦して、事を成した人の。

そこにはストーリーがあり、生きていく上で本質的に大切なことが含まれていることが多いから。

 

彼ら、彼女らは、ありがたいことにそれをシェアしてくれます。

もっと多くの人の人生がより良くなるために。

突き抜けた人はあるところまでいくと「所有」に興味がなくなるのではと思うことがあります。

実際、そういう人たちは「死ぬときにあっちの世界に持っていけないものに固執しても仕方ない」という方が多数います。

 

そういう方々が発する言葉に、メッセージに、どれだけ触れるかだけでも人生の質は変わります。

自分が行動すればですが。

 

有名なスピーチとしてはスティーブジョブズがスタンフォード大学の卒業式でしたスピーチですが、これはあまりに多くの人が聞いていると思うので今日はもうひとつ私が好きなスピーチをご紹介します。

Dropboxの創業者 Drew Houston(ドリュー・ヒューストン)がマサチューセッツ工科大の卒業式で行ったスピーチです。

 

私はこの中で特に印象に残っているのは“あなたの人生は30,000日”という話です。
(※動画は一番下にあります。)

私はこの話を聞いた時、すぐ計算しました。

365日×28年=10,220日

私の場合、今年(2018年)の4月で28になったので、約1/3が過ぎたということです。

これを読んでいる方は今すぐ電卓、、、もといiPhoneを叩いてみてください。

 

現在は寿命は延びていても健康寿命は延びていないし、60~80の20年間は体力的に今ほどなんでもできるとは想定しにくいです。

これを知って、あなたはどう思いますか?

日本人は「あなたはどう思いますか?」という質問が苦手です。

でも、自分について知ることって、何よりも大切ではないでしょうか?

 

もう一つ、Drewのスピーチで好きな言葉は“Excelsior(常に向上心を持って)”という言葉です。

人間は本来今よりも少し良い状態を目指す生き物です。

こういう話をすると、「今あるものに満足する」とかいう話をする人がいますが、それはそれでいいと思いますが、私はそっち派ではありません。

これはどっちが良い・悪いの話ではなく、自分がどうしたいかの話です。

 

私の生きる目標は、一生楽しく生きることです。

仕事はそのための手段として最高だと思っています。

いろんな人に出会える。

いろんな人の役に立てる。

人間力が高まり、思考の枠が広がれば、やりたいことがもっとサクッとやれるようになる。

もっと楽しくなる。

周りの人にそれを伝えられる。

教えてと言われたら教えられる。

わくわくする人がまた増える。

好循環でしかないと思っています。

 

みなさんも是非、自分が今人生何日目なのか計算し、残りの人生をどう過ごしていきたいのか、どういったものにしていきたいのか、見つめ直してみてください。

わくわくしましょう♪

自分の感情よりも他人の感情に気を配れる人は強い

こんにちは!

今日来ている台風21号がすごすぎて家に引きこもる羽目になりました。

私は基本台風だろうが予定を変えることはなく出かける派なんですけどね(^^;

 

そんな今日お伝えしたいのが「自分の感情よりも他人の感情に気を配れる人は強い」という言葉。

家に引きこもる人が多いと思います。

是非、そんな急遽できた時間でこういう言葉について考えてみてほしいものです。

 

最近は自己主張ができることが昔より評価されるようになったと思います。
「自分の気持ちを曲げるな」
「言いたいことを言えるようになれ」
「発信力を上げろ」
なんてことはよく耳にするんじゃないかと思います。

自分の想いは大切です。

でも、私は自分の感情よりも他人の感情に気を配れる人が最終的に強いと思っています。

こういう話は極論を言うと「でもあっちも大切じゃないですか?」となるので難しいです。

だって自分の想いを強く発信することもものすごく大切だから。

要はバランス

何事にも二面性があるので。

100%白黒つけなくてもよくないですか?

良いとこ取りした方がよくないですか?

 

自分の感情より人の感情に気を配れる人がなぜ強いのか。

それは、結果相手が協力的になるから。

人間はだれしも自分に注目してほしい生き物。

承認欲求を満たしたい生き物。

自分の感情に気を配ってくれる人がいたら、通常、人はその人に好感を持ちます。

「好感を持ってもらえること」、「好かれること」ができたら、基本何をしてもうまくいくと言っても過言ではないでしょう。

だって個人の場合、スモールビジネスの場合、リピートは人につきます。

人の感情に意識を向けると、「自分が人にしたいこと」以外に「人が自分にしてもらいたいこと」が見えてくることもあるでしょう。

そこを察して行動できる人が、強い。

自分のペースでやるな

最近また素敵な言葉に出会いました。

今の自分(給料、環境等)に満足していないのなら、自分のペースでやるな。

今のペースだから理想の状態になっていない。
なら、スピードを上げる必要がある。
スピードが上がれば、やる量も増える。
質より量だ。

これを「素敵な言葉」と捉えるのか「厳しいお言葉」と捉えるのかはあなた次第です(笑)

また、自分のペースが遅いのかの判断基準は成功している人にしかわからないのではと思います。

自分で自分の数字に勝ち続けられる人は必然と成功していきますが、世の中そうでない人の方が多いはず。

じゃあどうするのか。

人にフィードバックをもらうことをおすすめします。

例えば、今自分が何をしようとしていて、そのためにどれくらいの量をいつまでにやろうとしているのか、自分が「この人だったらどれくらいの量をどのペースでやるんだろう?」と直感的に思った人に聞きに行く。

聞きに行くって結構大事だと思います。

でも、一歩間違えるとヘタこきます(笑)

相手の時間を自分のために使ってもらうということは、とっても慎重にお願いしなければいけないことのひとつです。

これって結構言葉で言うより難しいです。

人間誰もが主体的に考えて動く生き物ですから。

ここをどうするかは自分で考えてやってみるしかないと思います。

私もいくら相手になるべく負担のないようにと思っていても気づいたら配慮が足りなかったな、申し訳ないことをしてしまったと思う経験があります。

実はつい最近もありました(汗)

人は失敗して学びます。

もうそういう失礼がないように更に考えて行動するようになります。

私もまだまだ未熟者なので、お世話になった人たちに恩返しができるように、自分の周りにいる人たちに貢献できるように、日々勉強の毎日です。

 

完璧さよりスピード

響く言葉って、思い出と同じくらい心に残りますよね!

私は最近思い出よりも言葉を思い出すことが増えてきました。

その中でも、自分を戒める言葉のひとつとして時々思い出すのが

完璧さよりもスピード。発想力よりスピード。

という言葉です。

 

ついつい完璧さを求めてしまいがち。

いいアイデアが浮かぶまで待ってしまいがちです。

でも、仕事ができる人ほどスピードが速いです。

やってみないとわからないことを、
ぐだぐだ言い訳を並べて待機している時間が
無駄とわかっているのでしょう。

私も昔は腰が重い方でした。

これは言葉ではわかっていても、
実際に動いてみてスピードの重要性を体感するまでは
中々納得してできないことだと思います。

でも、やらない人はそれを体感できないのでずっと動きが遅いまま。

「男は度胸、女は愛嬌」って言葉があるけど、
私は仕事ができる女性も度胸があると思います。

それを「あの人はすごい」「私にはあんな度胸ない」って言ってる時点で、
覚悟がなく、本気でやりたいと思っていないことの表れだと思います。

最近、意外と女性の方がプライドが高いと感じます。

かっこ悪くて失敗したくないと思っている人が多いなと。

かっこ悪くてもいいじゃん。

そこを超えた人ほどおもしろい人間になる。

おもしろい人間、大好きです。

 

事にあたって、行き詰まるということはない。

梅雨入りしましたね!

梅雨の存在忘れるくらい最近天気予報見てません(笑)

 

さて、本日も松下幸之助さんの名言です!

事にあたって、行き詰まるということはない。

行き詰まるということは、行き詰まるようなものの考え方をしているからだ。

ハッとさせられる言葉だと思います。

成功者は成功する考え方をしています。

成功者にどんどん会っていくと、共通した考え方によく出会います。

これは知ってもすぐマネできる訳ではありません。

でも、「やるか」「やらないか」でしかないです。

 

そして今の自分の考え方に限界があるのなら、違う視点で考えられる人に知恵を借りる。

これは自分の枠を広げるために必要なことだと思います。

もしそういう人たちに話を聞きに行くことに対して気が引けるなら、

それは自分に「絶対成長するぞ!絶対成功するぞ!」という覚悟がないから。

本気じゃないから。

行動=本気度です。

自分の思考の枠の小ささを自覚し、広げるために努力をする。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。

結局は腑に落ちるかどうか

どんなに聞こえの良い話も、結局は腑に落ちるかどうか。

 

人間はなんやかんや言って頭で納得しても腹で納得していないことは後々うまくいかないことが多い

 

自分を信じよう。

直感を磨こう。

 

そして直感は経験からしか磨かれない。

 

自分がまだ頭で考えて迷っているなら経験が足りない証拠。

 

動こう。

 

経験は誰にも奪えない自分の真の財産となる。

欠点を指摘する日本人。長所を褒める外国人。

私が旅行以外での長期滞在をスペインとオーストラリアでして平均より外国人とコミュニケーションを多く取ってきて思うこと。

 

日本人ってなんでそんなに人に干渉するの?

日本人ってなんでそんなに短所指摘するの?

の2つ。

 

日本は「他人を指摘して自己表現をする」文化。

外国人は「自分がどう思うかを主張して自己表現をする」文化。

 

私が自分の意見を言うことで自己表現し出したきっかけは初めての留学で大学2年生(20歳)の時にスペインに行った経験だと思っていました。

でも先日実家で、私が中学生の時家庭科で母に向けて作ったエコバッグを発見しました。

これはカバン自体は既製品で、そこに自由にイラストを描けるというものでした。

私が選んだのはバラと、”I am Me“という言葉。

今でも覚えていますがこの言葉は私の中2の時の座右の銘です(笑)

当時好きだったアメリカ人歌手アシュリー・シンプソンの2ndアルバムのタイトルでした。

意味はそのまま「私は私」。

この言葉を座右の銘にしていた中2って(笑)と今では思います(笑)

 

うちは両親ともに教師ですが、どちらとも大多数の声に関係なく、自分の頭で考えて正しいと思うことを主張してきた人たちなのは子供でもわかったので、その影響も少なからず、いや、大いにあったと思います。

 

そんなこんなで25~26の歳はオーストラリアに住み、また一段と外国人の自己表現スタイルが好きになり、自分の意見を言って自己表現するスタイルが定着してきました。

 

私は日本人であるけれど、それより「地球人」でありたいなと思っています。

 

自分の意見を言うことで自己表現ができるようになると、すごく楽になります。

女性は特に人の顔色をうかがいすぎてしまう傾向があると思います。

思いやりは素晴らしいですが、自分の心にかなり我慢をしてまでの思いやりは果たして思いやりと言うんでしょうか?

私からすると「我慢しすぎ」に見えます。

見るべきポイント、考えるべきポイントからズレたところを見ている気がします。

狭い世界に毎日いると、思考の枠は狭いままです。

たまには「異なるもの」に触れてみることをおすすめします。

視野が広がって、心が軽くなって、パワーが出てくるはず。

ハッピーマンデー♪

 

自分が社長だったら自分を雇いますか?

タイトルの質問に即答で「YES」と答えれる人と迷ったあげく「んー、NOかなー」の二手に分かれるのではないでしょうか?

視点を変えてものごとを見てみるのは非常に大切なことです。

一番良いのはそのポジションを経験してみることですが、全てのポジションを経験するのは中々難しいもの。

そんな時、いかに相手の立場に立って考えらえるかで差がでます。

でも、これは頭でわかっていてもそう簡単にできるものではないです。

人間はどうしても考える時主観的になってしまいます。

でも、私の周りの仕事で成功している人はここが徹底的にできる人。

徹底的に」がポイントです。

 

タイトルの質問、「自分が社長だったら自分を雇いますか?」に戻ります。

答えが即答で「YES」でない方は、自分を見つめ直す時間を作ることをおすすめします。

だって答えが「YES」でないのなら年功序列のなくなった今、自分のお給料を上げることは難しいから。

「環境が悪い」
「好きな仕事じゃない」
「上司と相性が悪い」

じゃあどうする?

ここと向き合わなくて解決・成長なんてあるんでしょうか?

成長できる人は心理的に負荷が大きいものにも心を強くして挑みます。

成長しなくてもいいと思っている方はこの記事にたどり着いていないと思います。

 

自分について深掘りする方法がわからないという方、多いのでは。

正直王道な方法なんてないと思います。

それを探すことが学びになりますし。

わからないなら聞く。調べる。セミナーに行く。

手段はいくらでもあるはずです。

 

何事も小さな一歩を歩み続けることが肝心。

継続気力です。

なぜなぜ分析

なぜなぜ分析」の重要性はいたるところで言われています。

でも、頭ではやった方がいいこととわかっていても、なぜかやらない人が多い。

自分と向き合わなければ、課題と向き合わなければ答えは見えてこないのに、違うところを分析したり違うところに情報を求める人が多い。

でもこれは、向き合うしかないです。

簡単そうで簡単じゃないからやった人しか成果が出ない

シンプルです。

そしてなぜなぜ分析に限ったことではないですが、私は自分の頭の中を整理する時は必ず「」を使います。

人間は頭の良い生き物だけれど、そんなに器用でもない部分があります。

頭の中で考えていると、いろんな方向に派生した時、収拾がつかなくなります。

人間の記憶力は過信しない方がいいと思っています。

しかも、頭の中の言葉を紙に書いて目で見ると、少し冷静にものごとが考えられます。

私の周りにはノートでなくスケッチブック派の人もいますね。

そしてこの「書き出す」作業は「時間が空いたらやろう」ではやりません。

私が目標達成において大切だと思っていることのひとつに「スケジューリング」があります。

例えば「自分が本当にやりたいことを30個書き出す」という作業を、手帳に“〇月〇日の〇時~〇時”と書き込む。

・人に会う
・〇〇(場所)に行く
意外のこういうものも予定に組む

時間は自分でつくるもの。

この習慣ができると、「なぜかできなかった」「時間がなかった」という事態を防げます。

逆にこれをしないと、いつまで経っても「“なぜか”もう週末」「“なぜか”今月もできなかった」「“気づいたら”もう今年も終わる」のパターンです。

習慣を変えれば人生が変わります。