マドンナのウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞スピーチ

こんにちは!

\優です!/

昨日、本好きの友人がインスタで「〇〇の言葉」シリーズとして山口路子さんが書いている「マドンナの言葉」「ココ・シャネルの言葉」「マリリン・モンローの言葉」等をを並べた写真を紹介していて、“私におすすめの本は?”と聞いたところ「シャネルとマドンナ!」2秒で返ってきたので早速読んでみました。

 

実はこの「〇〇の言葉」シリーズ、「シャネルの言葉」はざっくり読んだことがあり、仕事に対する姿勢や個を確立している考え方、発言が好きだと思っていたんですが、他にも「〇〇の言葉」があることは知りませんでした。

今回「マドンナの言葉」を読んでみて、めちゃくちゃ共感!!!

私は現代もなお

・男性がしてもOKなことが女性がすると非難される世の中

・まだまだ「女性はこうあるべき!」等、女性の可能性にフタをする世の中

だと思っていて、そこを変えたいから「100人女子会」というイベント等を行っています。

日本の男女格差をなくすべく活動しています。

「マドンナの言葉」には、2016年12月9日に【ビルボード・ウーマン・イン・ミュージック・アワード】が開催されマドンナが<ウーマン・オブ・ザ・イヤー>に輝いた際行ったスピーチが載っていました。

とても共感する内容ですが、中々なことを言っているのでこれを公の場で言えることに感銘を受けます。

マドンナのようなパワーのある女性、いわゆる一般人よりもいろんな経験をしていろんな世界を見てきた女性、「強い女性」というイメージのある女性が語ったメッセージをより多くの人に読んで頂きたいのでここにシェアします。

 

マドンナの受賞スピーチ


私は“doormat”(いつもやられっぱなしの人)として皆さんの前に立っています。あ、違う、女性エンターテイナーとして、でしたね。

あからさまな性差別と女性嫌悪、そして絶えず続くいじめや容赦ない暴言に耐えて34年に渡ってキャリアを持続できた私の能力を評価していただき、ありがとうございます。

 

至る所で人々がエイズで亡くなっていました。ゲイであることは安全ではなく、ゲイ・コミュニティに関与することはクールではありませんでした。

1979年のニューヨークはとても恐ろしい場所でした。住み始めて1年目に私は銃で脅され、屋上でナイフを喉に突きつけられながらレイプされ、アパートにはあまりに何度も侵入されて物を盗まれるので鍵をかけるのをやめました。その後の数年間で私はほとんどの友人をエイズかドラッグか銃に奪われました。

その経験から学んだ重要なことは、自分を信じること以外、人生において本当の安全は存在しないということでした。

 

デビー・ハリー、クリッシー・ハインド、そしてアレサ・フランクリンからも勿論刺激を受けましたが、私の本当のミューズはデヴィッド・ボウイでした。彼は男性と女性の精神を体現していて、そこがとても私の性に合っていました。ルールなんてない、と私は彼のおかげで考えるようになりました。でも私は間違っていました。ルールがないのは男子だけ。女子にはルールがあったのです。

 

女子はゲームに参加しなければなりません。きれいでいること、可愛くいること、セクシーでいることは許されます。でもあまり賢く振舞ってはいけません。体制から外れた意見を持ってはいけません。ふしだらな格好をして男性から物として見られるのは許されますが、ふしだらな自分に自信を持ってはいけません。そして決して、決して自分の性的な妄想を世界に発信してはいけません。男性のこうあるべきだと思うような女性になりましょう。そしてもっと大事なのは、男性と一緒にいても他の女性に危機感を与えないような女性になりましょう。そして最後に、歳をとってはいけません。年齢を重ねることは罪です。あなたは批判され、けなされ、間違いなくラジオで曲をかけてもらえなくなるでしょう。

 

やがてショーン・ペンと結婚した時、私は放っておかれるようになりました。彼は“人のケツに弾丸を打ち込むような”男だったし、私が人妻になったからです。暫くの間、私は脅威ではなくなりました。それから数年後、私は離婚してシングルになり……ごめんね、ショーン。そして“エロティカ”というアルバムと“SEX”という本を発売しました。その頃、自分があらゆる新聞と雑誌の見出しになっていたことを覚えています。私について書かれた記事の全てが私の欠陥を痛烈に指摘していました。私は娼婦や魔女と呼ばれました。ある見出しは私をサタンと比較しました。私はその時、“ちょっと待ってよ、プリンスだって網タイツとハイヒールを履いて口紅をしてケツを出してるじゃない”と思いました。その通りです。でも彼は男性でした。その時初めて、女性は男性と同じような自由が許されていないということを真に理解したのです。

 

世間から辛辣な言葉を浴びせられていた頃、サポートしてくれる女性の仲間がいればいいのにと願ったこともありました。だけど、著名なフェミニスト作家のカミール・パーリアが、私が自分を性的な対象として表現することによって女性全体の立場を後退させているとコメントしたのです。それで私は“ああ、じゃあフェミニストにはセクシュアリティがないのね。否定するんだ”と思いました。そして、“もういいや。私は違う種類のフェミニスト。悪いフェミニストなんだ”と思ったのです。

 

私がこれまでにしたことの中で一番物議を醸すことは、ただ居残ったことかもしれません。マイケルはもういません。2パックもいません。プリンスもいません。ホイットニーもいません。エイミー・ワインハウスもいません。デヴィッド・ボウイもいません。でも私はまだここに立っています。私は運が良かった一人で、毎日自分が恵まれていることに感謝しています。

 

ここにいる全ての女性へ私が言いたいことはこれです。女性はあまりにも長い間抑圧されてきたので、男性が自分たちについて発言することを信じているのです。仕事を成し遂げるには男性を支えなければならないと信じています。そして支えるに値する素晴らしい男性だって中にはいるでしょう。でもそれは彼らが男性だからではありません。尊敬すべき人だからです。女性として私たちは自分とお互いの価値を正当に評価し始めなければなりません。友情を育めて、同じ立場で考えられて、教えられて、協力し合えて、刺激を受けて、支持できて、そして啓発されるような強い女性を探し求めてください。

 

この賞を受賞したことより、この場で皆さんにお礼を言う機会をいただけたことの方が嬉しいかもしれません。ここに至るまでに私を愛し、支えてくれた人たち……。どれほど皆さんの支えが私にとって大切だったか、きっと分からないでしょう。

 

と同時に、私を疑った人、否定した人、ひどい目にあわせた全ての人、私に向かって“できない”とか“やる訳がない”とか“やってはならない”と言った人に言いたいです。あなたの抵抗が私を強くし、もっと努力させ、今、このような闘志あふれる人間にしてくれました。私をこのような女性にしてくれました。ですから、ありがとうございました。

 

=================================

このスピーチを、何も見ずに話したこと。途中涙を滲ませながら伝えたこと。

かっこよすぎます。

このスピーチの中と本の序盤で「バッド・フェミニスト(悪いフェミニスト)」という言葉が書かれていますが、読んでみて私もバッド・フェミニストになりたいのかなと気づきました。

今はまだ私の活動は叩かれるほど有名にはなっていませんが、今後もし叩かれることがあっても絶対に諦めないパワーの一部となってくれる本となりました。

こういうのをこのタイミングで教えてくれる友人にも感謝です。

《男女格差をなくし、女性が自分で自分の人生をデザインできる世界》の実現に向けて、今日もコツコツ頑張ります!

 

商売とは感動を与えることである

松下幸之助さんの言葉です。

最近近況報告を兼ねてお会いした経営者の方との会話の中で、

“最近の経営者は大きく分けて2つに分かれる。

1つはかの松下幸之助のように人間力、人徳の部分に重きを置く経営者。

もう1つはとにかく数字的に成功の実績を上げることに重きを置く経営者。”

という話がありました。

 

もちろんビジネスは継続させなければいけないので数字的な部分は外せませんが、それでもそもそも商売とは人の役に立って、その対価としてお金を頂くものだと思っているので私は前者を目指しています。

そして、ファンは人につきます。

どういう時に人はファンになるのか。

やはり感動させられた時ではないでしょうか?

 

それでも起業したての時は、個人でビジネスをしていると誰でも数字に追われます。

そんな時、自分がどこを目指しているのか、どんな人間になりたいのかの軸・ゴールがはっきりしていないとブレてしまいます。

そういう意味での定期的な「心のメンテナンス」は大切です。

土曜日の午前中は「自分はなぜこれがやりたいのか、誰のために、何のために頑張るのか」を見直す習慣をつくるのもひとつの手です。

 

自分で自分のメンタルケアができる人は強くなれます。

弱いのが「いけない」とか「ダメ」という訳ではありませんが、芯が強い方が結果自分が楽です。スピードも違います。

そして私は私と出会った人にパワーをお裾分けしたいです。自分のメンタルが弱くて人にパワーを与えられる人間になれるとは思いません。

だから強くなる訓練を定期的にしてきました。

いわゆる「強い」と言われている人たちは必ず努力して強さを身に着けています。

天から与えられたものなんかじゃないです。

こういうところも「自分で自分の人生をデザインする」一歩です。

ここまで読んでくださった方の人生が少しでご自身の理想に近づきますように♡

 

This entry was posted in 名言.

自分のペースでやるな

最近また素敵な言葉に出会いました。

今の自分(給料、環境等)に満足していないのなら、自分のペースでやるな。

今のペースだから理想の状態になっていない。
なら、スピードを上げる必要がある。
スピードが上がれば、やる量も増える。
質より量だ。

これを「素敵な言葉」と捉えるのか「厳しいお言葉」と捉えるのかはあなた次第です(笑)

また、自分のペースが遅いのかの判断基準は成功している人にしかわからないのではと思います。

自分で自分の数字に勝ち続けられる人は必然と成功していきますが、世の中そうでない人の方が多いはず。

じゃあどうするのか。

人にフィードバックをもらうことをおすすめします。

例えば、今自分が何をしようとしていて、そのためにどれくらいの量をいつまでにやろうとしているのか、自分が「この人だったらどれくらいの量をどのペースでやるんだろう?」と直感的に思った人に聞きに行く。

聞きに行くって結構大事だと思います。

でも、一歩間違えるとヘタこきます(笑)

相手の時間を自分のために使ってもらうということは、とっても慎重にお願いしなければいけないことのひとつです。

これって結構言葉で言うより難しいです。

人間誰もが主体的に考えて動く生き物ですから。

ここをどうするかは自分で考えてやってみるしかないと思います。

私もいくら相手になるべく負担のないようにと思っていても気づいたら配慮が足りなかったな、申し訳ないことをしてしまったと思う経験があります。

実はつい最近もありました(汗)

人は失敗して学びます。

もうそういう失礼がないように更に考えて行動するようになります。

私もまだまだ未熟者なので、お世話になった人たちに恩返しができるように、自分の周りにいる人たちに貢献できるように、日々勉強の毎日です。

 

事にあたって、行き詰まるということはない。

梅雨入りしましたね!

梅雨の存在忘れるくらい最近天気予報見てません(笑)

 

さて、本日も松下幸之助さんの名言です!

事にあたって、行き詰まるということはない。

行き詰まるということは、行き詰まるようなものの考え方をしているからだ。

ハッとさせられる言葉だと思います。

成功者は成功する考え方をしています。

成功者にどんどん会っていくと、共通した考え方によく出会います。

これは知ってもすぐマネできる訳ではありません。

でも、「やるか」「やらないか」でしかないです。

 

そして今の自分の考え方に限界があるのなら、違う視点で考えられる人に知恵を借りる。

これは自分の枠を広げるために必要なことだと思います。

もしそういう人たちに話を聞きに行くことに対して気が引けるなら、

それは自分に「絶対成長するぞ!絶対成功するぞ!」という覚悟がないから。

本気じゃないから。

行動=本気度です。

自分の思考の枠の小ささを自覚し、広げるために努力をする。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。

決めれば、見える。

こんにちは!

相変わらず松下幸之助さんの名言をよく読んでおります(笑)

その中で、私が個人的に状況的にタイムリーで響いた言葉を本日はご紹介します。

やらねばならないと堅く決意すれば、おのずとそれに対処する道が拓けてくる。

私は今新たなことに挑戦中です。

まだご報告はできませんが、第3回名古屋100人女子会のある11月末にご報告予定です。

その挑戦に至るまでに、私は「考え期」にいました。

あれの方がいいかな、、、いや、こっちかな、、、でもここの部分はどうしよう、、、と。

そんなある時、考えるのをやめて、「やる」と決めてみました。

するとこの名言通り、“おのずと”ではないですが(笑)道が拓けてきました。

私がここで言いたいのは、「決める」ことの大切さ。「覚悟」ですね。

決めないと、覚悟を決めないと、考えているようでモヤモヤした浅い段階層までしか人間考えれていないのです。

 

「失敗したくない」と言う人もいます。

頭では失敗せずに成功なんてありえないとわかっていても、心がブレーキをかけます

それでも踏み出すのか諦めるのかは自分次第。

誰かに相談したって、結局自分の人生の責任を取るのは自分。

自分で決断しなければいけません。

 

私がこの新たな挑戦に挑むと決めた前の大きな決断は、名古屋100人女子会をやると決めた時だったと思います。

中学生の時からずっと幹事が好きで率先してやっていたり、イベント団体を創ってイベントをしたこと、知人のイベントの運営スタッフに立候補して勉強させてもらったこともありましたが、100人規模の(しかも全員女性の)イベント主催は初めてでした。

それでも「やる」と決めました。

例え失敗しても、全て責任は自分がもつと腹に決めました。

そしたら、それまでの不安が不思議なくらい消えました。
途中でまたこの不安が襲ってくる場面もありましたが(笑)

誰かの名言で

失敗することより、失敗を恐れて何もしないことが失敗だ。

というものもありますね。

人間は決断しないと動けません。

今、何に挑戦するか考え期の人。

その答えはいくら考えてもしっくりくるものにたどり着かないことがあります。

なぜならやってみないとわからないことだらけだから。

 

例えば美容関係が好きだから美容系で、エステで起業したいと思った人。

やってみると、思っていたものと違ったなんて話ざらにあります。

それでもやるのか、軌道修正するのか。

「コロコロ変えたら周りに続かない人と思われる」と言う人もいます。

人生をかけて時間を費やす仕事を選ぶために、いろんなことを試すことは悪いことでしょうか?

恥ずかしいことでしょうか?

私が知っている経営者の方々で仕事を5つ以上したことがある方なんてざらにいます。

昔出会った人で「8つ会社を立ち上げたけど、その内4つはだめになった。ははは。」って言ってる人もいました。

自分が主人公の自分の人生なのに、誰の目を気にしているのでしょうか?

YOLO!

You Only Live Once!

今日一日の努力を疎かにするな。

こんにちは(^^)

今日の天気大好きです!

天気良いし、昨日みたいに湿気がなく風が気持ちいいですね(^^)

そんな気分のいい日の一言は

今日一日の努力を疎かにするな。

テンション下がったらごめんなさい(笑)

 

人はどんなに大きな夢を抱いていても、今日一日の努力ができなかったらそこにたどり着くことは難しいでしょう。

最近は成功者の本を読んだりSNSを見たり、本人に会うのも昔より簡単になり、そのキラキラした姿や成功体験談を聞いて、「簡単に成功者になれる」と思っている人が多いように思います。

・経営者になりたい。
・ビジネスオーナーになりたい。
・不労所得で生きていけるようになりたい。
・「好き」を仕事にしたい。
・「遊び」を仕事にしたい。

どれも立派な夢だと思います。

夢や欲望は生きる力になるので素晴らしいことだと思います。

ただ、その実現のための努力をどのレベルでやるのかはその人次第。

 

第2回100人女子会の中で「理想の自分に近づくための課題発見ワーク」をやりました。

これは、「理想の自分」と「今の自分」にギャップがあるのなら、「理想の自分」になれるはずがない。
そのギャップを埋めるためにあなたは何をするのか。

という部分を考えてもらうワークでした。

夢や理想はあるけどこの「今の自分に足りないもの」と向き合っている人があまりにも少ない気がしたからです。

 

私の周りの突き抜けた成功者は、見えないところで地道でしんどい努力をこなしてきた人たちです。

全員

 

私の師匠が言っていました。

人より突き抜けたところまでいきたいんだったら、人より努力して当たりまえ。人と違うことして当たり前。人よりしんどい経験してあたりまえ。それでもやるのかやらないのかだ。

 

突き抜けている人は「昨日頑張ったから今日はこれくらいでよし」とはしません。

一日一日の積み重ねを疎かにしない人。

当たり前のことを当たり前に続けられる人。

 

求めているレベル・たどり着きたいレベルと自分の努力のレベルを比較してみると、何か見えてくるものがあるかもしれませんね。

過去の栄光は捨てなさい。

突然ですが、私は愛知県立千種高校出身です。

「校則がない」で有名かなと(笑)

最近はご縁あって同窓会でもないところでOBの方から現役ちぐっこに会います。

千種に通っていた(通っている)人は比較的多様性がある人が多いと感じます。

自主性を伸ばす教育体制だからかなと。

 

今日はそんな千種高校での印象深い思い出のひとつをお話しします。

千種高校には普通科の他に、帰国子女の子達用の国際教養科(以下、国教)があります。

千種高校は生徒だけでなく先生も個性豊かな先生が多いなと感じていました。

 

私が高校に入学してすぐのこと。

国教の子から

「すごい先生がいる」

と聞きました。

内容を聞くと、入学当初の、普通科の子たちよりも英語ができるからってイキっていた国教の子たちに対し、一番最初の英語の授業の一番始めに

過去の栄光は捨てなさい。

と言ったらしいです。

かっこよすぎませんか?笑

めちゃくちゃかっこいいなと素直に思ったのを今でも覚えています。

ちぐっこのステキなところは、そう言われた国教の子たちもその話を聞いた普通科の子たちもその先生のことを「かっこいい」と捉えるところ。

「なにあの先生」

って言う子がいてもおかしくなかったと思います。

でも、そんな言葉は一度も聞いたことがありませんでした。

 

大人になった今、改めてすごいなと感じます。

高校を卒業してから10年経った今、久々にその先生の名言を思い出しました。

大人になるにつれ、過去の栄光は輝きを増す気がします。

でも、そこに固執する=過去に固執しているということ。

今は1年でガラッと世の中が変わる時代。

そんな時代に”あの時”に固執していたら、スピードが落ちてしまうなと。

過去の栄光にしがみついてたら、チャレンジ精神がなくなるなと。

そんなことをふと考えた一日でした。

私は今年の10月、チャレンジします!

(ご報告は11月予定です。)

This entry was posted in 名言.

「生きた経営は自得するしかない」

私は名言が好きです。

心に響く言葉や気づきを与えてくれる言葉が好きです。

その中でも、松下幸之助さんの名言集はよく読みます。

あなたは自分を戒める言葉を持っているか。

こんな名言もありますね。

 

中でも今日は経営についての名言をご紹介します。

経営学は知ることができる。
しかし、生きた経営というものは教えるに教えられない、習うに習えない、自得するしかないものだ。

近年は「コンサル」を名乗る人が多くいます。

でも、その人は本当にあなたの知りたい分野のことを「自得」したことのある人でしょうか?

「コンサル」は自分が名乗ればなれる職業。
(家業として続くかどうかは別)

私は人に相談する時は、”知りたい部分を経験して成功している人”に聞くようにしています。

経験した、実体験の話しかしっくりこないからです。

そして、一番大事なのは聞いたことを基に「実践すること」。

じゃなきゃ「自得」はあり得ない。

This entry was posted in 名言.

「あの発想はあの人だからできる」は、本当にそうなのか?‬

ビジネスセンスのある人たちが秀でている部分のひとつに発想力があると思います。

そういう人たちに話を聞くと、やぱり自分には見えていない部分に気づいたり、アイデアが浮かんだり。

ただ、これって「天才」と「凡人」の違いなのでしょうか?

「優ちゃんは脳みそ溶けるまで考えたことある?」

これは私が昔師匠に言われた言葉。

発想できる人は必ず考える時間を作って考えている。

発想のための経験や努力をしている。

そこをアイデアが勝手に浮かんでくるまで待っているスタンスは甘い。

「時間がない」
→自分のための時間は自分しか作れない。他人は基本的に自分の時間を奪う存在。

「考えているけど思い浮かばない」
→あの人たちは思い浮かぶまで考えている。

「今はタイミングじゃない気がする」
→タイミングは自分で創る。タイミングは行動し続けている人のところにしかこない。

やっぱり、行き着くところは「行動」と「気力」。