セカンド・フェミニズムの賛歌”I AM WOMAN(私は女)”

こんにちは!
優です!
 
今日は私の大好きな曲【I AM WOMAN(私は女)】をご紹介します!
 
映画Sex and The City 2の中で4人がカラオケで歌ってるのを聞いて知った曲がこちら
 
オーストラリアのメルボルン出身の歌手Helen Reddyの代表曲のひとつです。
 
“I AM WOMAN”(1972年)はセカンド・フェミズムの賛歌となったらしいです。
歌詞聞いたらそうだろうなと納得!
(歌詞下に載せてます)
日本語訳はネットから大部分拝借し一部修正しましたm(__)m
 
最近読んだマドンナのスピーチも東大の入学式の上野千鶴子さんの祝辞も、私が「女性のために!」と動いていると「これ見てみて!」と教えてくれる友達が何人もいて嬉しい限りです(*´ω`)♡
 
女性の意見だけでなく男性の意見も聞きたいからこれからはもっと男性の意見もたくさん聞いてきます!
 
《歌詞》
I am woman, hear me roar
私は女、私の声を聞いて
In numbers too big to ignore
数にしてみると多過ぎて無視できないほどいるのよ
And I know too much to go back and pretend
引き返し自分を偽るには余りにも多過ぎる
’cause I’ve heard it all before
だって、以前にもそのことをすべて聞いてきたから
And I’ve been down there on the floor
そして、ずっと、地面に伏してきたけど
No one’s ever gonna keep me down again
これからはもう、誰も私を再び押さえつけることはない
 
Oh yes I am wise
そう、私は賢い
But it’s wisdom born of pain
でも、これは痛みから生まれた知恵
Yes, I’ve paid the price
そう、その代価を払ってきた
But look how much I gained
でも、どれだけ私が得たか見てよ
If I have to, I can do anything
いざとなったら、私は何だってできる
I am strong
私は強い
I am invincible
私は無敵
I am woman
私は女
 
 
You can bend but never break me
私を曲げることはできても、折ることは決してできない
’cause it only serves to make me
だって、そんなことしても私を
More determined to achieve my final goal
最終目標を成し遂げようと更に本気にさせるだけだから
And I come back even stronger
そしてもっと強くなって戻ってくる
Not a novice any longer
もう未熟者なんかじゃなくて
’cause you’ve deepened the conviction in my soul
私の心にある信念を深めさせたんだから
 
Oh yes I am wise
そう、私は賢い
But it’s wisdom born of pain
でも、これは痛みから生まれた知恵
Yes, I’ve paid the price
そう、その代価を払ってきた
But look how much I gained
でも、どれだけ私が得たか見てよ
If I have to, I can do anything
いざとなったら、私は何だってできる
I am strong
私は強い
I am invincible
私は無敵
I am woman
私は女
 
 
I am woman, watch me grow
私は女、私が成長するのを見てて
See me standing toe to toe
向かい合って立って私を見て
As I spread my loving arms across the land
私が愛に溢れた腕を陸地を超えて広げている時に
But I’m still an embryo
でも、私はまだ生まれたばかり
With a long long way to go
これから長い長い道のりがある
Until I make my brother understand
私の兄弟に、私の言いたいことを理解させるまでの道のりが
 
Oh yes I am wise
そう、わたしは賢い
But it’s wisdom born of pain
でも、これは痛みから生まれた知恵
Yes, I’ve paid the price
そう、その代価を払ってきた
But look how much I gained
でも、どれだけ私が得たか見てよ
If I have to, I can face anything
いざとなったら、私は何にだって向かい合える
 

マドンナのウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞スピーチ

こんにちは!

\優です!/

昨日、本好きの友人がインスタで「〇〇の言葉」シリーズとして山口路子さんが書いている「マドンナの言葉」「ココ・シャネルの言葉」「マリリン・モンローの言葉」等をを並べた写真を紹介していて、“私におすすめの本は?”と聞いたところ「シャネルとマドンナ!」2秒で返ってきたので早速読んでみました。

 

実はこの「〇〇の言葉」シリーズ、「シャネルの言葉」はざっくり読んだことがあり、仕事に対する姿勢や個を確立している考え方、発言が好きだと思っていたんですが、他にも「〇〇の言葉」があることは知りませんでした。

今回「マドンナの言葉」を読んでみて、めちゃくちゃ共感!!!

私は現代もなお

・男性がしてもOKなことが女性がすると非難される世の中

・まだまだ「女性はこうあるべき!」等、女性の可能性にフタをする世の中

だと思っていて、そこを変えたいから「100人女子会」というイベント等を行っています。

日本の男女格差をなくすべく活動しています。

「マドンナの言葉」には、2016年12月9日に【ビルボード・ウーマン・イン・ミュージック・アワード】が開催されマドンナが<ウーマン・オブ・ザ・イヤー>に輝いた際行ったスピーチが載っていました。

とても共感する内容ですが、中々なことを言っているのでこれを公の場で言えることに感銘を受けます。

マドンナのようなパワーのある女性、いわゆる一般人よりもいろんな経験をしていろんな世界を見てきた女性、「強い女性」というイメージのある女性が語ったメッセージをより多くの人に読んで頂きたいのでここにシェアします。

 

マドンナの受賞スピーチ


私は“doormat”(いつもやられっぱなしの人)として皆さんの前に立っています。あ、違う、女性エンターテイナーとして、でしたね。

あからさまな性差別と女性嫌悪、そして絶えず続くいじめや容赦ない暴言に耐えて34年に渡ってキャリアを持続できた私の能力を評価していただき、ありがとうございます。

 

至る所で人々がエイズで亡くなっていました。ゲイであることは安全ではなく、ゲイ・コミュニティに関与することはクールではありませんでした。

1979年のニューヨークはとても恐ろしい場所でした。住み始めて1年目に私は銃で脅され、屋上でナイフを喉に突きつけられながらレイプされ、アパートにはあまりに何度も侵入されて物を盗まれるので鍵をかけるのをやめました。その後の数年間で私はほとんどの友人をエイズかドラッグか銃に奪われました。

その経験から学んだ重要なことは、自分を信じること以外、人生において本当の安全は存在しないということでした。

 

デビー・ハリー、クリッシー・ハインド、そしてアレサ・フランクリンからも勿論刺激を受けましたが、私の本当のミューズはデヴィッド・ボウイでした。彼は男性と女性の精神を体現していて、そこがとても私の性に合っていました。ルールなんてない、と私は彼のおかげで考えるようになりました。でも私は間違っていました。ルールがないのは男子だけ。女子にはルールがあったのです。

 

女子はゲームに参加しなければなりません。きれいでいること、可愛くいること、セクシーでいることは許されます。でもあまり賢く振舞ってはいけません。体制から外れた意見を持ってはいけません。ふしだらな格好をして男性から物として見られるのは許されますが、ふしだらな自分に自信を持ってはいけません。そして決して、決して自分の性的な妄想を世界に発信してはいけません。男性のこうあるべきだと思うような女性になりましょう。そしてもっと大事なのは、男性と一緒にいても他の女性に危機感を与えないような女性になりましょう。そして最後に、歳をとってはいけません。年齢を重ねることは罪です。あなたは批判され、けなされ、間違いなくラジオで曲をかけてもらえなくなるでしょう。

 

やがてショーン・ペンと結婚した時、私は放っておかれるようになりました。彼は“人のケツに弾丸を打ち込むような”男だったし、私が人妻になったからです。暫くの間、私は脅威ではなくなりました。それから数年後、私は離婚してシングルになり……ごめんね、ショーン。そして“エロティカ”というアルバムと“SEX”という本を発売しました。その頃、自分があらゆる新聞と雑誌の見出しになっていたことを覚えています。私について書かれた記事の全てが私の欠陥を痛烈に指摘していました。私は娼婦や魔女と呼ばれました。ある見出しは私をサタンと比較しました。私はその時、“ちょっと待ってよ、プリンスだって網タイツとハイヒールを履いて口紅をしてケツを出してるじゃない”と思いました。その通りです。でも彼は男性でした。その時初めて、女性は男性と同じような自由が許されていないということを真に理解したのです。

 

世間から辛辣な言葉を浴びせられていた頃、サポートしてくれる女性の仲間がいればいいのにと願ったこともありました。だけど、著名なフェミニスト作家のカミール・パーリアが、私が自分を性的な対象として表現することによって女性全体の立場を後退させているとコメントしたのです。それで私は“ああ、じゃあフェミニストにはセクシュアリティがないのね。否定するんだ”と思いました。そして、“もういいや。私は違う種類のフェミニスト。悪いフェミニストなんだ”と思ったのです。

 

私がこれまでにしたことの中で一番物議を醸すことは、ただ居残ったことかもしれません。マイケルはもういません。2パックもいません。プリンスもいません。ホイットニーもいません。エイミー・ワインハウスもいません。デヴィッド・ボウイもいません。でも私はまだここに立っています。私は運が良かった一人で、毎日自分が恵まれていることに感謝しています。

 

ここにいる全ての女性へ私が言いたいことはこれです。女性はあまりにも長い間抑圧されてきたので、男性が自分たちについて発言することを信じているのです。仕事を成し遂げるには男性を支えなければならないと信じています。そして支えるに値する素晴らしい男性だって中にはいるでしょう。でもそれは彼らが男性だからではありません。尊敬すべき人だからです。女性として私たちは自分とお互いの価値を正当に評価し始めなければなりません。友情を育めて、同じ立場で考えられて、教えられて、協力し合えて、刺激を受けて、支持できて、そして啓発されるような強い女性を探し求めてください。

 

この賞を受賞したことより、この場で皆さんにお礼を言う機会をいただけたことの方が嬉しいかもしれません。ここに至るまでに私を愛し、支えてくれた人たち……。どれほど皆さんの支えが私にとって大切だったか、きっと分からないでしょう。

 

と同時に、私を疑った人、否定した人、ひどい目にあわせた全ての人、私に向かって“できない”とか“やる訳がない”とか“やってはならない”と言った人に言いたいです。あなたの抵抗が私を強くし、もっと努力させ、今、このような闘志あふれる人間にしてくれました。私をこのような女性にしてくれました。ですから、ありがとうございました。

 

=================================

このスピーチを、何も見ずに話したこと。途中涙を滲ませながら伝えたこと。

かっこよすぎます。

このスピーチの中と本の序盤で「バッド・フェミニスト(悪いフェミニスト)」という言葉が書かれていますが、読んでみて私もバッド・フェミニストになりたいのかなと気づきました。

今はまだ私の活動は叩かれるほど有名にはなっていませんが、今後もし叩かれることがあっても絶対に諦めないパワーの一部となってくれる本となりました。

こういうのをこのタイミングで教えてくれる友人にも感謝です。

《男女格差をなくし、女性が自分で自分の人生をデザインできる世界》の実現に向けて、今日もコツコツ頑張ります!

 

カリスマ手相鑑定師仲谷裕美~第4回名古屋100人女子会出展者動画消化~

5/19(日)第4回名古屋100人女子会にて手相ブースを出展して頂く仲谷裕美(なかやひろみ)さんの1分メッセージ動画の紹介です!

みなさん、手相は変わるってご存知ですか?

過去、近い未来の部分は濃く、未来の部分はまだ薄く表れています。

私(渡邊優)は数年に1回くらいのペースで手相をみてもらうタイミングが巡ってくるのでそのタイミングでみてもらっています。先日も裕美さんにみて頂きました(^^)

おもしろい!!!

さすがカリスマ手相鑑定師。鑑定内容は思いっきりプライベートな話になるのでここでは控えさせて頂きます♡笑

手相には自分の思考の癖や性格、人生が表れます。

=自分のことを客観的に知る手段のひとつだと思っています。

いつの時代も自分と向き合うことは難しいです。

それを手伝ってくれるものが手相。

私はそう捉えて鑑定してもらっています。

人間の弱い部分のひとつが「感情にコントロールされてしまうこと」ではないでしょうか?

頭ではわかっていても感情に行動を支配された経験、人間なら誰にでもあると思います。

自分の傾向、癖、さらに人生の流れを知っておけば、対処できることが増えます。

自分では気づいていない自分の部分、是非仲谷裕美さんにみてもらってみてください(*’ω’*)

=========================
◆5/19(日)第4回名古屋100人女子会
参加チケット発売中!
=========================

 

マヤ暦アドバイザー佐々木弥生~第4回名古屋100人女子会出展者動画紹介~

5/19(日)第4回名古屋100人女子会にてマヤ暦ブースを出展して頂く佐々木弥生さんをの1分メッセージ動画です!

そもそも「マヤ暦」とは?

古代マヤ人が用いていた暦。

一周期を260日とする「ツォルキン暦」のこと。

ちなみに1年を365日とするのは「ハアブ暦(太陽暦)」と言うそうです。

100人女子会をやっていると豆知識が増えていきます(笑)

毎日、毎日、その日1日には意味があります。

毎日、毎日、マヤ暦のKinナンバーがあります。

だからあなたが生まれた日のKinナンバーを知ることで「どんなエネルギーが流れていた日か」がわかり、生まれ持った自分の性質・特質がわかるのです。

それを読み解くのがマヤ暦アドバイザーの佐々木弥生さん。

私は昔自分のKinナンバーを知ったことがありましたが、かなり面白かったです(^^)

「Kin」は、あなたの人生のガイドマップと言われています。

是非5/19は佐々木弥生さんのマヤ暦ブースへ足を運んでみてください♡

 

今回の100人女子会では最後の30分間は全ブースを閉めて出展者10名、運営メンバー含めたメンバーでの交流タイムを設けました!

ブースの予約が取れなかった方も、しっかり交流してみてください\(^o^)/

=========================
◆5/19(日)第4回名古屋100人女子会
参加チケット発売中!
=========================

顔ツボセラピスト田中歩奈~第4回名古屋100人女子会出展者動画紹介~

⁣5/19(日)第4回名古屋100人女子会にて小顔ツボブースを出展して頂く田中歩奈さんの1分メッセージ動画です❣️

歩奈さんは長年肌トラブルや頬のたるみなどに悩まされていた経験から「小顔ツボ」に出会い、初めて体験した時に一瞬でリフトアップした自分をみてとても感動されたことがきっかけで現在小顔ツボを施術されているそうです。

今の歩奈さんの美しさからはそんな悩みを抱えていたなんて想像がつきません(笑)

歩奈さん自身が小顔ツボの効果の証明になっていますね

美容を諦めない!

年齢関係なく女性は綺麗になれる!

という想いの元、施術されている歩奈さん

100人女子会当日では小顔ツボ体験をして頂けます🌸

 

「人は見た目が9割」と言われていますが、その中でも印象を大きく左右するのが「顔」。

内面を変えることももちろん大切ですが、即効性のある外見、印象に絶大な影響を与えるお顔から変化させてみるのもいいかもしれませんね❣️

=========================
◆5/19(日)第4回名古屋100人女子会
参加チケット発売中!
=========================

鍼灸師伏屋美咲~第4回名古屋100人女子会出展者動画紹介~

5/19(日)の第4回名古屋100人女子会にてお灸セミナーブースを出展して頂く伏屋美咲さんの1分メッセージ動画です❣️

伏屋美咲さんは当日30分の「セルフお灸講座」を実際にシールタイプのお灸を使って体質・お悩み別でレクチャーしてくれます✨

東洋医学の考え方を知ってもらい、自分自身の体質や何となくの不調に対して簡単なセルフケアをお伝えすることで、日々元気に笑顔で過ごせる女性が増えて欲しいと仰る美咲さん。

お灸って、きっかけがないと中々する機会もないと思います。

当日は冷え性、むくみ、肩こり等、ご自身の悩みに合った場所へお灸できるそうです♡

是非お試しください♡

=========================
◆5/19(日)第4回名古屋100人女子会
参加チケット発売中!
「100人女子会」とは?
◆イベントの様子(写真)(映像
参加者の声
=========================