「ピンチはチャンス」の本当の意味

こんにちは!

意外と言われますがディズニー好きなので今年公開される映画「ダンボ」と「アナと雪の女王2」が待ち遠しくて仕事が手に着かない渡邊優です。

 

今日は考え事中に「ピンチはチャンス」という言葉が出てきました。

私がこの言葉を始めて聞いたのは中学生の時の体育のバレーボールの授業中でした。

相手チームがリードしていてあと1点取られたら負けという状況で、チームメンバーの友達が「ピンチはチャンスだよ!」と言ってみんなで「ピンチはチャンス!ピンチはチャンス!」と唱えていたら逆転したという経験に基づいているので覚えています。

 

こういう格言って、ざっくり「いい言葉だな」で終わることが多いと思います。

でも、自分の体験に紐づけることができると強いです。

 

例えば、私は100人女子会を主催する中でたくさんのピンチをくぐり抜けてきました。

その時を振り返ると、この「ピンチはチャンス」の言葉の本当の意味が自分なりに決まってきます。

言葉はひとつでも解釈は何通りもあります。

 

私の中では、人間はピンチの時、追い込まれた時でないと本当に本気で脳みそを使わない。動かない。本気で考えるから名案が浮かび、必死で動き、成功へ近づく。

だから「ピンチはチャンス」だと思っています。

 

そしてこれは自分に責任が伴う立場にいる時に起こります。

私は精神的に負荷がかかることでないと人間は成長しないと思っています。

責任が伴わないことは比較的簡単で、自分でなくてもできること、失敗の程度がたかが知れていること。

こういう時に人は脳みそをフル活用するでしょうか?

 

失敗することに抵抗のある人が多いですが、なぜそんなに抵抗があるのか考えたことがありますか?

トライしないことのリスクを考えたことはありますか?

「100回トライして1回成功したら良い方」と始めから思っていれば、多少の失敗は気にならなくなります。

シンプルに考えて、失敗する数は成功する数より圧倒的に多いものです。

人生において成功しかしていない人がいるとしたら会ってみたいものです。

みんな失敗して当たり前。

もはや失敗しないと成功できないと思っています。

それくらいの心持ちで一歩を踏み出してみてください。

一歩踏み出したら99.9%いい方向へ進みますよ♪

 

今日もハッピー♪

商売とは感動を与えることである

松下幸之助さんの言葉です。

最近近況報告を兼ねてお会いした経営者の方との会話の中で、

“最近の経営者は大きく分けて2つに分かれる。

1つはかの松下幸之助のように人間力、人徳の部分に重きを置く経営者。

もう1つはとにかく数字的に成功の実績を上げることに重きを置く経営者。”

という話がありました。

 

もちろんビジネスは継続させなければいけないので数字的な部分は外せませんが、それでもそもそも商売とは人の役に立って、その対価としてお金を頂くものだと思っているので私は前者を目指しています。

そして、ファンは人につきます。

どういう時に人はファンになるのか。

やはり感動させられた時ではないでしょうか?

 

それでも起業したての時は、個人でビジネスをしていると誰でも数字に追われます。

そんな時、自分がどこを目指しているのか、どんな人間になりたいのかの軸・ゴールがはっきりしていないとブレてしまいます。

そういう意味での定期的な「心のメンテナンス」は大切です。

土曜日の午前中は「自分はなぜこれがやりたいのか、誰のために、何のために頑張るのか」を見直す習慣をつくるのもひとつの手です。

 

自分で自分のメンタルケアができる人は強くなれます。

弱いのが「いけない」とか「ダメ」という訳ではありませんが、芯が強い方が結果自分が楽です。スピードも違います。

そして私は私と出会った人にパワーをお裾分けしたいです。自分のメンタルが弱くて人にパワーを与えられる人間になれるとは思いません。

だから強くなる訓練を定期的にしてきました。

いわゆる「強い」と言われている人たちは必ず努力して強さを身に着けています。

天から与えられたものなんかじゃないです。

こういうところも「自分で自分の人生をデザインする」一歩です。

ここまで読んでくださった方の人生が少しでご自身の理想に近づきますように♡

 

This entry was posted in 名言.

3月の追加イベント!HP添削女子会!

こんにちは!

優です!

本日は「名古屋美容女子会」でした♡

名古屋を拠点に個人で美容業をされている女性の交流会です。

少人数グループコンサルを行いました!

一人一人の話をしっかり聞いて多面的にみさせて頂きました。

 

どうしても個人で動いていると「悩み」って相談しにくいのです。

昔からの友人に真剣に仕事の話を聞いてもらうのもな、、、という方も多いです。

 

はじめましての人、自分と同じく自分でビジネスをしている者同士だから話やすい部分ってあります。

 

私はコンサルの時、必ず数字を使います。

女性が苦手な部分です。

感情や感覚で進めることが好きだからです。

でも、ビジネスとしてやりたいのなら避けては通れません。

だからこういうところに来て強制的に考えるようにしている女性は意識高いなといつも感じます。

 

今日、イベント中に新しいイベントが生まれました(笑)

その名も「HP添削女子会」(笑)

安易なネーミング得意です(笑)

 

HPは持っていても
・ちゃんと届けたい人に届くメッセージか?
・将来のお客様に行動を起こさせる言葉、作りになっているか?
というところまで考え抜いた文章・作りにしている方は少ないです。

自分の商品・サービスに愛があるのは当たり前。

熟知していて当たり前。

なので、将来のお客様の感覚とズレが生じることって全然珍しいことではないです。

 

HPを持っている人、HPを持っていなくても集客の窓口にSNSやブログを使っている人が対象です。

「言葉」の力を使えるようになった人は最強です!

 

100人女子会の集客もHPやSNSを使っています。

第2回の時なんかは広告費2000円でした(笑)

普段のHP作りやSNS発信で使っているテクニックも紹介しようと思います(^_-)-☆

 

自分の集客の窓口が整っていなくてお客様が増え続けるなんてあり得ません!

しっかり第3者目線のアドバイスを入れましょう!

詳細はこちら

個人のスキル販売サイトREQU(リキュー)

アメブロが2018年6月から始めた個人のスキル販売サイトREQU(リキュー)。


ココナラ」や「ランサーズ」が有名な、個人のスキルを販売するマッチングサイト、いわゆる「クラウドソーシング」です。


タイムチケット」も有名ですね。

タイムチケットはわかりやすく言えば「メルカリの情報を売る版」です。

 

こういうクラウドソーシングサイトは依頼主と販売主の間に企業が入ってくれるので両者ともに安心して取引ができるのが利点です。

しかも安価な値段で。

例えばHPを製作してほしい個人がREQUでHPを作れる人を探します。

値段も予算内で最終的にその人に依頼することを決め、支払いをしたとします。

でも、制作側がきちんと納品しない限りその料金は一旦アメブロが預かるのでお金だけ持っていかれる

という心配がないのです。

メルカリとかと同じですね。

 

私も名古屋100人女子会の公式HPを作る際、企業に頼めば30万と言われたところをココナラで見つけた方に5万で作って頂きました。

その後は独学で勉強して自分で編集しています。

中学生の時に流行った個人HPをHTMLで編集しちゃうほど私は昔から器用貧乏なのです(笑)

 

このクラウドソーシングサイト、まだまだ活用していない方が多い印象を受けます。

特に女性は警戒心が強いかもしれません。

ですが怪しいものでなければなんでも触ってみるのも面白いと思います。

使い方がよくわからない」の壁があると思います。

でも、スマホやもっと前の携帯電話を買った時、あの分厚い説明書を読みましたか?

まず、触ってみませんでしたか?

それと同じです。

もっとフットワーク軽くいきましょう♪

 

今は会社員だけど起業に興味のある方はこういうところで他人がどういうことをしてお金を得ているのか観察してみるのもいいですね。

もう起業している人も同業者を観察してみてもいいですね。

思わぬアイデアが浮かぶこともあります。

自分の人生をデザインしたいなら、自分から情報を取りにいきましょう。

自分から学びにいきましょう。

そしてやってみましょう

 

もっともっと自分で自分の人生をデザインできる女性が増えますように♡

 

==========================

《女性のLife Designコンサル》

のご相談はこちらから♡

==========================