決めれば、見える。

こんにちは!

相変わらず松下幸之助さんの名言をよく読んでおります(笑)

その中で、私が個人的に状況的にタイムリーで響いた言葉を本日はご紹介します。

やらねばならないと堅く決意すれば、おのずとそれに対処する道が拓けてくる。

私は今新たなことに挑戦中です。

まだご報告はできませんが、第3回名古屋100人女子会のある11月末にご報告予定です。

その挑戦に至るまでに、私は「考え期」にいました。

あれの方がいいかな、、、いや、こっちかな、、、でもここの部分はどうしよう、、、と。

そんなある時、考えるのをやめて、「やる」と決めてみました。

するとこの名言通り、“おのずと”ではないですが(笑)道が拓けてきました。

私がここで言いたいのは、「決める」ことの大切さ。「覚悟」ですね。

決めないと、覚悟を決めないと、考えているようでモヤモヤした浅い段階層までしか人間考えれていないのです。

 

「失敗したくない」と言う人もいます。

頭では失敗せずに成功なんてありえないとわかっていても、心がブレーキをかけます

それでも踏み出すのか諦めるのかは自分次第。

誰かに相談したって、結局自分の人生の責任を取るのは自分。

自分で決断しなければいけません。

 

私がこの新たな挑戦に挑むと決めた前の大きな決断は、名古屋100人女子会をやると決めた時だったと思います。

中学生の時からずっと幹事が好きで率先してやっていたり、イベント団体を創ってイベントをしたこと、知人のイベントの運営スタッフに立候補して勉強させてもらったこともありましたが、100人規模の(しかも全員女性の)イベント主催は初めてでした。

それでも「やる」と決めました。

例え失敗しても、全て責任は自分がもつと腹に決めました。

そしたら、それまでの不安が不思議なくらい消えました。
途中でまたこの不安が襲ってくる場面もありましたが(笑)

誰かの名言で

失敗することより、失敗を恐れて何もしないことが失敗だ。

というものもありますね。

人間は決断しないと動けません。

今、何に挑戦するか考え期の人。

その答えはいくら考えてもしっくりくるものにたどり着かないことがあります。

なぜならやってみないとわからないことだらけだから。

 

例えば美容関係が好きだから美容系で、エステで起業したいと思った人。

やってみると、思っていたものと違ったなんて話ざらにあります。

それでもやるのか、軌道修正するのか。

「コロコロ変えたら周りに続かない人と思われる」と言う人もいます。

人生をかけて時間を費やす仕事を選ぶために、いろんなことを試すことは悪いことでしょうか?

恥ずかしいことでしょうか?

私が知っている経営者の方々で仕事を5つ以上したことがある方なんてざらにいます。

昔出会った人で「8つ会社を立ち上げたけど、その内4つはだめになった。ははは。」って言ってる人もいました。

自分が主人公の自分の人生なのに、誰の目を気にしているのでしょうか?

YOLO!

You Only Live Once!

コメントを残す