結局は腑に落ちるかどうか

どんなに聞こえの良い話も、結局は腑に落ちるかどうか。

 

人間はなんやかんや言って頭で納得しても腹で納得していないことは後々うまくいかないことが多い

 

自分を信じよう。

直感を磨こう。

 

そして直感は経験からしか磨かれない。

 

自分がまだ頭で考えて迷っているなら経験が足りない証拠。

 

動こう。

 

経験は誰にも奪えない自分の真の財産となる。

欠点を指摘する日本人。長所を褒める外国人。

私が旅行以外での長期滞在をスペインとオーストラリアでして平均より外国人とコミュニケーションを多く取ってきて思うこと。

 

日本人ってなんでそんなに人に干渉するの?

日本人ってなんでそんなに短所指摘するの?

の2つ。

 

日本は「他人を指摘して自己表現をする」文化。

外国人は「自分がどう思うかを主張して自己表現をする」文化。

 

私が自分の意見を言うことで自己表現し出したきっかけは初めての留学で大学2年生(20歳)の時にスペインに行った経験だと思っていました。

でも先日実家で、私が中学生の時家庭科で母に向けて作ったエコバッグを発見しました。

これはカバン自体は既製品で、そこに自由にイラストを描けるというものでした。

私が選んだのはバラと、”I am Me“という言葉。

今でも覚えていますがこの言葉は私の中2の時の座右の銘です(笑)

当時好きだったアメリカ人歌手アシュリー・シンプソンの2ndアルバムのタイトルでした。

意味はそのまま「私は私」。

この言葉を座右の銘にしていた中2って(笑)と今では思います(笑)

 

うちは両親ともに教師ですが、どちらとも大多数の声に関係なく、自分の頭で考えて正しいと思うことを主張してきた人たちなのは子供でもわかったので、その影響も少なからず、いや、大いにあったと思います。

 

そんなこんなで25~26の歳はオーストラリアに住み、また一段と外国人の自己表現スタイルが好きになり、自分の意見を言って自己表現するスタイルが定着してきました。

 

私は日本人であるけれど、それより「地球人」でありたいなと思っています。

 

自分の意見を言うことで自己表現ができるようになると、すごく楽になります。

女性は特に人の顔色をうかがいすぎてしまう傾向があると思います。

思いやりは素晴らしいですが、自分の心にかなり我慢をしてまでの思いやりは果たして思いやりと言うんでしょうか?

私からすると「我慢しすぎ」に見えます。

見るべきポイント、考えるべきポイントからズレたところを見ている気がします。

狭い世界に毎日いると、思考の枠は狭いままです。

たまには「異なるもの」に触れてみることをおすすめします。

視野が広がって、心が軽くなって、パワーが出てくるはず。

ハッピーマンデー♪

 

自分が社長だったら自分を雇いますか?

タイトルの質問に即答で「YES」と答えれる人と迷ったあげく「んー、NOかなー」の二手に分かれるのではないでしょうか?

視点を変えてものごとを見てみるのは非常に大切なことです。

一番良いのはそのポジションを経験してみることですが、全てのポジションを経験するのは中々難しいもの。

そんな時、いかに相手の立場に立って考えらえるかで差がでます。

でも、これは頭でわかっていてもそう簡単にできるものではないです。

人間はどうしても考える時主観的になってしまいます。

でも、私の周りの仕事で成功している人はここが徹底的にできる人。

徹底的に」がポイントです。

 

タイトルの質問、「自分が社長だったら自分を雇いますか?」に戻ります。

答えが即答で「YES」でない方は、自分を見つめ直す時間を作ることをおすすめします。

だって答えが「YES」でないのなら年功序列のなくなった今、自分のお給料を上げることは難しいから。

「環境が悪い」
「好きな仕事じゃない」
「上司と相性が悪い」

じゃあどうする?

ここと向き合わなくて解決・成長なんてあるんでしょうか?

成長できる人は心理的に負荷が大きいものにも心を強くして挑みます。

成長しなくてもいいと思っている方はこの記事にたどり着いていないと思います。

 

自分について深掘りする方法がわからないという方、多いのでは。

正直王道な方法なんてないと思います。

それを探すことが学びになりますし。

わからないなら聞く。調べる。セミナーに行く。

手段はいくらでもあるはずです。

 

何事も小さな一歩を歩み続けることが肝心。

継続気力です。

なぜなぜ分析

なぜなぜ分析」の重要性はいたるところで言われています。

でも、頭ではやった方がいいこととわかっていても、なぜかやらない人が多い。

自分と向き合わなければ、課題と向き合わなければ答えは見えてこないのに、違うところを分析したり違うところに情報を求める人が多い。

でもこれは、向き合うしかないです。

簡単そうで簡単じゃないからやった人しか成果が出ない

シンプルです。

そしてなぜなぜ分析に限ったことではないですが、私は自分の頭の中を整理する時は必ず「」を使います。

人間は頭の良い生き物だけれど、そんなに器用でもない部分があります。

頭の中で考えていると、いろんな方向に派生した時、収拾がつかなくなります。

人間の記憶力は過信しない方がいいと思っています。

しかも、頭の中の言葉を紙に書いて目で見ると、少し冷静にものごとが考えられます。

私の周りにはノートでなくスケッチブック派の人もいますね。

そしてこの「書き出す」作業は「時間が空いたらやろう」ではやりません。

私が目標達成において大切だと思っていることのひとつに「スケジューリング」があります。

例えば「自分が本当にやりたいことを30個書き出す」という作業を、手帳に“〇月〇日の〇時~〇時”と書き込む。

・人に会う
・〇〇(場所)に行く
意外のこういうものも予定に組む

時間は自分でつくるもの。

この習慣ができると、「なぜかできなかった」「時間がなかった」という事態を防げます。

逆にこれをしないと、いつまで経っても「“なぜか”もう週末」「“なぜか”今月もできなかった」「“気づいたら”もう今年も終わる」のパターンです。

習慣を変えれば人生が変わります。

決めれば、見える。

こんにちは!

相変わらず松下幸之助さんの名言をよく読んでおります(笑)

その中で、私が個人的に状況的にタイムリーで響いた言葉を本日はご紹介します。

やらねばならないと堅く決意すれば、おのずとそれに対処する道が拓けてくる。

私は今新たなことに挑戦中です。

まだご報告はできませんが、第3回名古屋100人女子会のある11月末にご報告予定です。

その挑戦に至るまでに、私は「考え期」にいました。

あれの方がいいかな、、、いや、こっちかな、、、でもここの部分はどうしよう、、、と。

そんなある時、考えるのをやめて、「やる」と決めてみました。

するとこの名言通り、“おのずと”ではないですが(笑)道が拓けてきました。

私がここで言いたいのは、「決める」ことの大切さ。「覚悟」ですね。

決めないと、覚悟を決めないと、考えているようでモヤモヤした浅い段階層までしか人間考えれていないのです。

 

「失敗したくない」と言う人もいます。

頭では失敗せずに成功なんてありえないとわかっていても、心がブレーキをかけます

それでも踏み出すのか諦めるのかは自分次第。

誰かに相談したって、結局自分の人生の責任を取るのは自分。

自分で決断しなければいけません。

 

私がこの新たな挑戦に挑むと決めた前の大きな決断は、名古屋100人女子会をやると決めた時だったと思います。

中学生の時からずっと幹事が好きで率先してやっていたり、イベント団体を創ってイベントをしたこと、知人のイベントの運営スタッフに立候補して勉強させてもらったこともありましたが、100人規模の(しかも全員女性の)イベント主催は初めてでした。

それでも「やる」と決めました。

例え失敗しても、全て責任は自分がもつと腹に決めました。

そしたら、それまでの不安が不思議なくらい消えました。
途中でまたこの不安が襲ってくる場面もありましたが(笑)

誰かの名言で

失敗することより、失敗を恐れて何もしないことが失敗だ。

というものもありますね。

人間は決断しないと動けません。

今、何に挑戦するか考え期の人。

その答えはいくら考えてもしっくりくるものにたどり着かないことがあります。

なぜならやってみないとわからないことだらけだから。

 

例えば美容関係が好きだから美容系で、エステで起業したいと思った人。

やってみると、思っていたものと違ったなんて話ざらにあります。

それでもやるのか、軌道修正するのか。

「コロコロ変えたら周りに続かない人と思われる」と言う人もいます。

人生をかけて時間を費やす仕事を選ぶために、いろんなことを試すことは悪いことでしょうか?

恥ずかしいことでしょうか?

私が知っている経営者の方々で仕事を5つ以上したことがある方なんてざらにいます。

昔出会った人で「8つ会社を立ち上げたけど、その内4つはだめになった。ははは。」って言ってる人もいました。

自分が主人公の自分の人生なのに、誰の目を気にしているのでしょうか?

YOLO!

You Only Live Once!

今日一日の努力を疎かにするな。

こんにちは(^^)

今日の天気大好きです!

天気良いし、昨日みたいに湿気がなく風が気持ちいいですね(^^)

そんな気分のいい日の一言は

今日一日の努力を疎かにするな。

テンション下がったらごめんなさい(笑)

 

人はどんなに大きな夢を抱いていても、今日一日の努力ができなかったらそこにたどり着くことは難しいでしょう。

最近は成功者の本を読んだりSNSを見たり、本人に会うのも昔より簡単になり、そのキラキラした姿や成功体験談を聞いて、「簡単に成功者になれる」と思っている人が多いように思います。

・経営者になりたい。
・ビジネスオーナーになりたい。
・不労所得で生きていけるようになりたい。
・「好き」を仕事にしたい。
・「遊び」を仕事にしたい。

どれも立派な夢だと思います。

夢や欲望は生きる力になるので素晴らしいことだと思います。

ただ、その実現のための努力をどのレベルでやるのかはその人次第。

 

第2回100人女子会の中で「理想の自分に近づくための課題発見ワーク」をやりました。

これは、「理想の自分」と「今の自分」にギャップがあるのなら、「理想の自分」になれるはずがない。
そのギャップを埋めるためにあなたは何をするのか。

という部分を考えてもらうワークでした。

夢や理想はあるけどこの「今の自分に足りないもの」と向き合っている人があまりにも少ない気がしたからです。

 

私の周りの突き抜けた成功者は、見えないところで地道でしんどい努力をこなしてきた人たちです。

全員

 

私の師匠が言っていました。

人より突き抜けたところまでいきたいんだったら、人より努力して当たりまえ。人と違うことして当たり前。人よりしんどい経験してあたりまえ。それでもやるのかやらないのかだ。

 

突き抜けている人は「昨日頑張ったから今日はこれくらいでよし」とはしません。

一日一日の積み重ねを疎かにしない人。

当たり前のことを当たり前に続けられる人。

 

求めているレベル・たどり着きたいレベルと自分の努力のレベルを比較してみると、何か見えてくるものがあるかもしれませんね。

過去の栄光は捨てなさい。

突然ですが、私は愛知県立千種高校出身です。

「校則がない」で有名かなと(笑)

最近はご縁あって同窓会でもないところでOBの方から現役ちぐっこに会います。

千種に通っていた(通っている)人は比較的多様性がある人が多いと感じます。

自主性を伸ばす教育体制だからかなと。

 

今日はそんな千種高校での印象深い思い出のひとつをお話しします。

千種高校には普通科の他に、帰国子女の子達用の国際教養科(以下、国教)があります。

千種高校は生徒だけでなく先生も個性豊かな先生が多いなと感じていました。

 

私が高校に入学してすぐのこと。

国教の子から

「すごい先生がいる」

と聞きました。

内容を聞くと、入学当初の、普通科の子たちよりも英語ができるからってイキっていた国教の子たちに対し、一番最初の英語の授業の一番始めに

過去の栄光は捨てなさい。

と言ったらしいです。

かっこよすぎませんか?笑

めちゃくちゃかっこいいなと素直に思ったのを今でも覚えています。

ちぐっこのステキなところは、そう言われた国教の子たちもその話を聞いた普通科の子たちもその先生のことを「かっこいい」と捉えるところ。

「なにあの先生」

って言う子がいてもおかしくなかったと思います。

でも、そんな言葉は一度も聞いたことがありませんでした。

 

大人になった今、改めてすごいなと感じます。

高校を卒業してから10年経った今、久々にその先生の名言を思い出しました。

大人になるにつれ、過去の栄光は輝きを増す気がします。

でも、そこに固執する=過去に固執しているということ。

今は1年でガラッと世の中が変わる時代。

そんな時代に”あの時”に固執していたら、スピードが落ちてしまうなと。

過去の栄光にしがみついてたら、チャレンジ精神がなくなるなと。

そんなことをふと考えた一日でした。

私は今年の10月、チャレンジします!

(ご報告は11月予定です。)

This entry was posted in 名言.

【動画】第2回名古屋100人女子会

こんにちは\(^o^)/

実は今回の名古屋100人女子会は写真撮影に加え、動画撮影も行っていました!

編集したものが完成しましたのでお披露目したいと思います(*’ω’*)

This entry was posted in 動画.

「生きた経営は自得するしかない」

私は名言が好きです。

心に響く言葉や気づきを与えてくれる言葉が好きです。

その中でも、松下幸之助さんの名言集はよく読みます。

あなたは自分を戒める言葉を持っているか。

こんな名言もありますね。

 

中でも今日は経営についての名言をご紹介します。

経営学は知ることができる。
しかし、生きた経営というものは教えるに教えられない、習うに習えない、自得するしかないものだ。

近年は「コンサル」を名乗る人が多くいます。

でも、その人は本当にあなたの知りたい分野のことを「自得」したことのある人でしょうか?

「コンサル」は自分が名乗ればなれる職業。
(家業として続くかどうかは別)

私は人に相談する時は、”知りたい部分を経験して成功している人”に聞くようにしています。

経験した、実体験の話しかしっくりこないからです。

そして、一番大事なのは聞いたことを基に「実践すること」。

じゃなきゃ「自得」はあり得ない。

This entry was posted in 名言.